修復工房おと家

learn more

トラブル解決の修繕は方法があります。ホームページに記載できない工法もございます。

​​♦修復工房 おと家

過去30年で約9000件以上のお客様納得の実績 【全国の陶磁器を直します!】

​瀬戸焼の興り
10世紀頃から焼き物作りが始まったとされている。
鎌倉時代には良質の土が取れるこの地で加藤四郎左衛門景正(藤四郎)が陶器の製造を始める。 江戸時代には尾張藩(尾張徳川家)の直轄領となり、瀬戸で産する陶器製造は藩の独占産業となった。
18世紀後半になると陶器が磁器に押され始めたため、加藤民吉が肥前で磁器を学び、その技術によって瀬戸での磁器の製造が始まった

窯垣」は、窯道具を積み上げて作った塀や石垣の呼称で、全国でも瀬戸でしか見られない景色です。窯垣をつないだ約400mの細く曲がりくねった坂の多い路地が「窯垣の小径」

※東京、関東のお客様もご依頼品は上記、瀬戸へお送りください

(研究所/資材センター)●名古屋工房 ●東京工房 ●長野工房 ●大阪工房

(   ご依頼品送り先) 〒480-1207 愛知県瀬戸市品野町6-1139

(TEL)050-5866-4070

●JRS修復研究会 ●NPO文化財機構 ●第1級技能士